2009年08月26日

高校時代の映画「ダーティーハリー」

  この頃は刑事物の映画がハリウッドでも沢山作られました。1970年代といえばこの「ダーティーハリー」でしょう。なかなかこの作品の出来も良く、ドン・シーゲル監督もこれで大きくクローズアップされました。もちろん、クリント・イーストウッドもです。
  私は幼い頃から彼のTVシリーズ「ローハイド」は観ていましたが、マカロニ・ウエスタンに出演していた何本かの作品は未だ未見でしたので、この作品が映画館で観た2本目の作品だと思います。1本目は同じイーストウッド主演で「マンハッタン無宿」という映画でした。それは田舎から護送する刑事が移送中に犯人を取り逃がし、知らぬ街で追っかけるお話だったとと思いますが、まずまずの出来映えでした。
  それからこの「ダーティーハリー」が誕生します。私にはエピソードが多すぎて、何故か散漫に見えたのですが、犯人のスコルピオンもあまりそんなに悪者に思えなく困ってしまいました。たぶん小男でよく見ると可愛い顔をしているからかも知れません。
  それにあの大型拳銃のマグマム弾のM29ですが、両手打ちがこの作品で盛んに使われるようになった気がします。以前は両手打ちなど見たことがありませんでしたが、気のせいでしょうか。小型拳銃でもなんでも両手打ちで変でした。
  「ダーティーハリー」は続編が次々作られました。私は全て観ましたが、だんだん暗くなり、明るい映像は少なくなりました。特にクリント・イーストウッド監督作品は彼の好みかも知れませんが、彼の作品は全て明るさがありません。多分彼の性格か、独特の映像美を持っているのでしょう。意味不明の事を書きましたが、何故か彼の監督作品は暗い映像が多いと思います。その点、この「ダーティーハリー」はドン・シーゲルの職人芸と天真爛漫さがほどよく出ており、楽しめる映画に仕上がっていました。
  
posted by ヒロシ・マックイーン at 07:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。