2009年09月30日

DVD鑑賞記「レッドクリフU」

  もう随分前に持っていたDVDですが、何だか夏バテ気味で観るのをためらっていました。たとえDVDでも映画を観るというのは体力がいるのもです。ただ眺めているような気もしますが、はやり良いコンディションで観たいものです。
  第1作からの続編ですが、この作品も立派な出来映えだと思います。異論のある方もおられるとは思いますが、私は起承転結がしっかりした、ドラマに破綻がなく作られており、見事な作品に出来上がっていました。敬服ものです。
  三国志そのものが、英雄伝説であまり信用が出来ないと思っていますが、その1700年も前の伝説を見事に現代に合わせて蘇らせたという点でも特筆ものです。映画で使われている武器などは到底あの時代にある物とは思えませんが、そんなことはおかまいなしにぐいぐい引き込んでいる迫力は並みではありません。その人と物量には驚きますが、いくら映像技術が進んだといってもどうして撮影したのだろうかと目を見張ります。この2作はその点でも映画の底力を見せたと思います。
  三国志を現代に蘇らせたと書きましたが、シェークスピアが今でも立派に通用し今も色んな視点で上演されるように、大昔の伝説でも現代に置き換えられると思います。三人の国主の思いや欲望、野心。それに翻弄される国民や国土も今の世界と全くと言って良いほど変わりはしません。そういった意味で人間は年月では計れないものだと言えます。同じような過ちを繰り返し、また知恵で乗りきっていきます。何十万という大軍が、風向き一つで勝敗が決まるとは思いませんが、勝敗は人の恐怖心や迫力で雌雄を決するものなのでしょう。歴史はそれらの事実を見事に証明しています。この作品に出てくる英雄、豪傑は超人的ですが、人間味たっぷりに描かれています。彼らは腕っ節は絶対的に強いですが。随所に弱い部分も見せてくれます。いかに人間は志が大切か、そして目標や理想に近づけようとする心を持っていることの重要さを見せてくれます。
  赤壁の戦いを中心に映画は進んでいきますが、その絶望的な戦いをどう切り抜けるか、人間の持てる力全てを注ぎ込んでいます。ここで多くの死者が出ますが、その犠牲者は目標の為に必要なものとは思いたくありません。人間の愚かな行為の犠牲者なのです。尊い犠牲者の上に栄光があるのではなく、こんな犠牲者を出さないための伝説や物語なのではないでしょうか。監督はこの戦いで亡くなった名もなき兵隊や庶民のために描いたのだと思います。三国志は英雄伝説ではなく、その多くの犠牲者の為に書かれたのだと私は思ってこの映画を観ました。
                                                 続く
posted by ヒロシ・マックイーン at 07:22| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。