2010年06月28日

社会人になって観た映画「仁義なき戦い」

 この作品はシリーズ化され全部で5本作られました。
どの映画もそうですが、ヒットしないと連作にはなりません。この映画は広島が舞台ということもあり、実録ものということもあり、大ヒットしました。確かお正月映画だと記憶していますが、たぶんオールナイトで観ましたが、観客で映画館は満杯状態だったのを覚えています。
 この作品の前に監督の深作欽二は「人斬り与太」という現代やくざの傑作を撮っています。この映画の主演も菅原文太で撮られましたが、息はぴったり、あの作品があったから、この「仁義なき戦い」シリーズも生まれたといえます。
 あの独特な音楽と実録シリーズという実在した人物を描いてあるということもあり、あっと言う間に5本も製作されました。いずれも甲乙つけがたい傑作に仕上がっていましたが、私のベスト作品は2作目の「広島死闘編」です。「仁義なき戦い」シリーズはいわゆる群衆劇ですが、仁義に名を借りた、裏切りと人間のしがらみを描いています。こんな面倒くさい世界ならいっそまともな一般社会のほうがよっぽど生きやすい世界だとつくづく思いました。それほど難しい世界です。しかしこの「広島死闘編」は登場人物も限られており、一人の無鉄砲な若者を通してやくざの悲しい世界を描いています。そのもう一方が現代やくざ「人斬り与太」です。私はこの映画を見終えて、足ががくがく震えながら映画館を出たのを覚えています。それほど強烈な映画でした。この2本が現代やくざ映画の双璧ですが、私はやくざ映画をこれまでごまんと観ましたが、東映のやくざ映画も現代シリーズになってやっと終焉に向かって進んでいきます。その一つのエポック的な作品群になりました。
 その後も「新仁義なき戦い」なども製作されましたが、この映画を超える物は現れませんでした。難と言えば役柄が多すぎたり、しがらみが難し過ぎてよく理解出来なかったり、死んだ役者が役柄を変えて何度も出たり、色々難点も多々見られましたが、充分群衆劇として楽しみました。
 まだ2番館、3番館があった時代です。東映やくざはそれからも随分観ましたが、60年代の鶴田浩二、高倉健、そして70年代の菅原文太などがスクリーンを賑やかしました。やくざの世界ももう一つの世界です。人間が生み出したもう一つの別な世界です。その人間模様をつぶさに観ることができました。 
posted by ヒロシ・マックイーン at 22:11| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月26日

健康を取り戻すために

  私の体が変化しています。まず一番は体重の変化です。昔ながらの食事に変えてから、みるみる体重が減りました。
完全玄米食にして、肉類は一切止めて魚に変えました。もずくを一日300t飲んで、野菜中心の食事にしています。一週間で7キロも体重が減りました。
そして毎月一回の断食で、今は60キロです。ちょっと減りすぎたので血液検査をしてもらいましたが、正常値内でどこも異常はなかったようです。まずは一安心ですが、これ以上の減少はさけたいものです。
ダイエットなら私に聞いてください。健康に確実に体重が減少しますよ。私が証人です、間違いありません。。
  病気のせいで体のふらつきと低体温、低血圧、足の冷え以外は今のところ症状はありませんが、この体重では体力が心配です。もっと筋力をつけたいと思っています。
 先日、手首で計測する血圧計を買いました。毎日それで計測しています。今の私の血圧はちょっと低めです。だいたい上が107前後です。下が65から70の間です。少し前まで120から130の間で血圧など問題がなかったのですが、今は私のなかではちょっと問題です。この病気の特徴でもある、低血圧、低体温がしっかり出ているからです。
  通っている整骨院ですが、私を一目見るなり体の冷えを指摘されました。この世界によると全ては血の流れが病気を引き起こしているそうです。私も血の流れが悪いと言われて今その施術をしてもらっています。やはり医院に行った後は明らかに視界も明るいですし、ふらつきも改善されます。少しずつですが、体が変わってきていると思っています。
でもいつまでそれが掛かるのかは判りません。それが一番の問題です。もっと早く体が改善して欲しいものです。
  体重の減少のせいか、力が弱くなりました。とても大人の体には見えません。ちょっと情けないですが、ダンベルなどをして筋力をつけたいと思います。
  今行っているブレイン・ヨガですが、そこでもインストラクターの先生から骨を強くしなさいと言われます。首振り運動に至るまで色んな運動や呼吸法をしますが、私の体も少しずつではありますが、力がついているように思います。この運動は今までの私だったら何てことない運動でしたが、今の私はついて行くのがやっとの有様です。情けないことこの上ないですが、私の実態なのですから仕方ありません。でも先生は「大丈夫、あせらずじっくりとし取り組んで行きましょう」と励ましてくれます。「そうだと」気を持ち直しますが、なかなか受け入れがたい自分がいることも確かです。変なプライドより、目の前の目標です。着実に力をつけていきたいものです。
  奥さんも色んな本を読んでいます。健康についてこれまでそんなに考えていませんでいたが、食事や健康に関することについて敏感になっています。私の事もありますが、まずは自分の体をいたわって欲しいものです。小さな体でよく動き、仕事をします、ありがたいことです。
  しかし健康を気にする年代になったのだとつくづく思います。健康になるためにもお金が必要ですね。ちょっと寂しい気がします。
posted by ヒロシ・マックイーン at 07:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月16日

社会人になって観た映画「青春の門」

  ひさびさにメガホンを撮った浦山桐朗監督の大作です。
信介も織江も新人が起用されました。田中健と大竹しのぶですが、その後の活躍をみると浦山監督の眼力は大したものだと思います。特に大竹しのぶはめきめき実力を着け、押しも押されぬ演技派女優になりました。あの芋っぽい彼女からここまで成長するとは判らないものです。
  この作品も映画化前に原作を読んでいました。その頃は五木寛之のちょっとしたブームでして、私も彼の作品はよく読んでいました。
また、この作品の母体となったのが、尾崎史郎の「人生劇場」です。私はこの大長編小説が好きで、残念ながら「青春の門」は、この作品には及ばないと密かに思っていました。
19歳の時に読んだ「人生劇場」は私のバイブルのような存在になりました。ちっともかっこよくない青成瓢吉ですが、地面に這い蹲って生きている瓢吉に何故か感情移入したのです。いつかまたこの小説を読んでみたいものです。35年以上経ってどう感じるのか、楽しみです。
  「青春の門」ですが、部分的には良くできている作品ですが、つなげるとどうもしっくりと来ませんでした。大作で見応え充分ですが、何故かかっこ良すぎるのです。かっこよいと言うか、やり過ぎという感じです。映像での表現は大げさではないのですが、たぶん原作の影響か、五木寛之の資質のせいかも知れません。どうも気になりました。その後第二部も作られるのですが、その印象は今でも変わっていないと思います。
  「人生劇場」も何度も映画化されますが、青春編などは映像化されず、やくざシーンのある、残俠編ばかり映画になりました。青春編から観たいものです。
  「青春の門」もそれから自立編や放浪編など全8巻に書き上げられた超大作になったようですが、私は読んではいません。映画も自立編止まりになっているようです。映画化は難しいのでしょうか。
posted by ヒロシ・マックイーン at 22:30| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月09日

健康を取り戻すために

  昨日、神戸から私のお見舞いに長女の義理父、母が来広された。ありがたいことだ。
私はこの夫婦が大好きである。とても優しくて暖かいご夫婦で、合う度に気持ち良く楽しい気分になるのです。
久し振りに我が家の来てもらい、心ばかしの料理を食べてもらった。
奥さんからは広島風お好み焼きが食べたいと言われ、ちょっと小さめのお好み焼きもホットプレートで作ってみたのだが、美味しいと言って食べられました。
  私の両親も来てもらい、次女夫婦も一緒に楽しい語らいのひとときを過ごすことができました。
私たちの孫のあかりちゃんともスカイプで話すというか、ネット上で見ることができました。近頃の便利さも味わうことも出来るという、思いがけないおまけまでありました。
  私の病気のことでわざわざ広島まで来て貰い本当に恐縮です。病気に負けないようにもっと頑張ろうという気持ちになったのは勿論でした。
神戸のお父さん、お母さんも生活には色々変化があるようで、大変なこともあるようです。
でもしっかり足に地をつけて生活を送っておられます。いつか時間を作って一緒に小旅行でもしたいものです。
  
  毎朝、散歩をしていると、毎朝畑を作業されている年配の男性がおられます。
まだ愛犬が生きているとき散歩中お見かけしていて、軽く挨拶をするくらいでした。
しかし今日は何故か声をかける気になり、「これは無農薬で作物を作っておられるのですか」と声をかけてみた。
そうすると「家族だけで食べているのでそうです」と答えられました。「私は脳の病気で無農薬の野菜が必要なので、お金を支払いますので、少し分けてもらいませんか?」というと「いやお金はいいですから、これを食べてください」とサニーレタスをくださいました。
突然声をかけたにも関わらず、見も知らない人間に大事に育てた作物を分けてくださり、本当にありがたい話です。
「今は、出来たものも少ないので、また声を掛けてください」とも言われました。
人の暖かい気持ちが身にしみました。私がこんな病気になったことで、今まで見過ごしていたことや、感じなかったことなど、多々あるような気がします。
  これからももっと多くのことを思い感じる事でしょう。人の温かさをより一層感じながら生きていきたいと思います。

もう一度心を洗い直さないといけないと思った朝でした。
posted by ヒロシ・マックイーン at 08:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。