2010年07月26日

社会人になって観た映画「サンダカン八番娼館 望郷」

  この作品は私に別な意味で戦争の悲劇を語ってくれた作品です。戦争と言えば戦闘シーンを思い浮かべますが、この作品は戦闘シーンは全く出てこないで、戦争によって青春を奪われ歪められてしまった人間の姿を描いています。
若い私には戦争と言えば悲惨な戦闘シーンしか知りませんが、それ以上に戦争に駆り出されて行った女性の悲劇が丁寧に描かれています。
  それは女性史家を通してからゆきさんという存在を描いた作品でした。
私は最初この作品があまり好きではありませんでした。若い私には重いし、やりきれない思いをしたからです。
そしてからゆきさんという存在も初めて知りましたし、戦争で翻弄される人間の姿にへえーと思うばかりで、その内容や意味さえ判っていなかったのです。
  初めて観てからこの映画は何故か観る機会が幾度とあり、数年後にようやくこの映画の重みを知ることになるのです。19歳では無理もありません、戦争を一面しか捉えていないのですから。昔のお話と言えばそれまでですが、当時そのような経験をした女性が幾人いたことでしょう。もしその時代に生まれていたらとか、そのような境涯になっていたらとかを考えるようになったからです。人の運、不運ではかたづけられない問題です。戦争を描かず、戦争の内部まで迫って来るのです。貧乏ゆえ海外まで売られていく少女達。それは死しても日本に背を向けて建って墓石が、それらの人々の心情を雄弁に語っています。
  しかし私にはどうも映画の語り口がしっくりこなくて途中ドキュメント風になったり、ドラマ風になったりと何となく入りきれない部分がありました。それは私の勝手な言い分で映画の評価とは異なりますが、キネマ旬報でも確か1位になりましたが、私的にはそんなに上位には入れなかったと思います。
それはそれとして今思うと、立派な映画だと思います。寡作な熊井啓監督が渾身の力を込めた力作だと言えます。戦争の、そして貧乏のゆえ、日本人の偏狭な考えを見事に語ってくれている名作だといえますが、ほとんど銀幕でリアルタイムで田中絹代を観た事がなかった私にはこの作品が最後となったと思います。この作品以後、田中絹代という大スターの作品を沢山観ましたが、正に日本人の体格を持った愛すべきスターだったことを知りました。相手役の栗原小巻も大変だったろうと思います。何をしてもこの小さな老婆に食われてしまいます。それも判る気もします。それから数年後田中絹代も結構若くして鬼籍に入ります。・
posted by ヒロシ・マックイーン at 16:53| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月16日

健康を取り戻すために「次女の出産U 」

 正に出産とは闘いです。TVや映画などでの出産シーンはよく描かれていますが、本当にここまで大変だとは思いませんでした。
こんな苦しみを30時間近くも持ちこたえるなど、男ができる芸当ではありません。
15日の夜中(3時半)の訪問でしたが、私は弁当の予約が入っていたので、明け方5時半頃には病院を出たのですが、奥さんは残しました。ブレット君だけでは大変だからと思ったからです。
ブレット君も丸2日寝ていません。奥さんも寝不足のようです。それより次女はもっとその数十倍大変です。
その痛がりようは凄まじいものです。私は一人で弁当の用意をしていますが、何となく落ち着きません。、ここで気をもんでも仕方がありません。本当に五体満足な子供が誕生するのだろうかと心配です。あまりこのような事は思ったことはなかったのですが、今回はちょっと心配でした。
と言うのも、次女が妊娠中に突然怒り出したり、感情をぶつける事がよくあったからです。次女の気性の荒さはよく判っているつもりですが、妊婦に感情の高ぶりはあまり良くはありません。しかし、親に対しては私からみれば甘えかも知れませんが、よく感情をぶつけていたからです。
あまりぶつからないように家でも会わないようにしていた気もします。しかし親です、やはり気はもみます。
 正午になっても分娩室にはまだ入っていないようです。何度も奥さんと連絡を取り合います。お昼を過ぎた頃電話が入り、点滴をして出産を促すようです。私も2時前には店を閉めて、病院に行きました。着いた頃には分娩室に入っており、もうすぐ出産ですよと言われました。入られますかと言われたのですが、「いやここで待ってます」と言って暫く待合いで待っていました。何となく分娩室前に行くと先生が着替えておられ、部屋のドアも開いていました。奥さんやブレット君の顔もほころんでいます。私も涙顔になり、喜びが湧いてきました。どうやら無事五体満足に産まれていたようです。次女の痛いと言う元気な声も聞こえてきました。それでああ、やっと終わったと思えたのです。
私も数分遅れのご対面です。色も白く、鼻もでかく、指も長く、ハーフの感じです。明らかに日本人の赤ちゃんとは違ってみえました。
 何はともあれ、永い出産劇は終わりました。次女もさっきまでの陣痛はどこえやらと、いつもの元気さを取り戻しているようです。声で判ります。
ブレット君はビデオで出産シーンを撮っていたようですが、私は見る気にはなれません。まあとにかく無事産まれてホッとです。これからがもっと大変ですが、夫婦で大切に育ててくれたらと思います。まあブレット君なら心配ありません。きっと立派なパパになることでしょう。ブレット君のご両親をみれば判ります。目一杯愛情を注がれて育ったに違いありません。
 あと少しでアメリカに帰るブレット君ですが、残された時間を大切に健斗君と接してもらたいと思います。そうです、名前は健斗に決まりました。私の親に観てもらったのですが、字画もバッチリのようです。日本名でも英語名でも両方使えます。早速、アメリカの母親に聞くと賛成してくれたようです。
健斗、良い名前です。
                     終わり
posted by ヒロシ・マックイーン at 22:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

健康を取り戻すために

 永いことこのブログを書いていなかった。
映画のことはいくらでも書けるけど、その時間がなかなか取れないのが今日この頃です。
それも休憩時間、ブレイン・ヨガにいってますし、飯室まで接骨院も行っています。それでたっぷり3時間を要します。以前は朝にブログを書いていましたが、ブレイン・ヨガを早朝起きて1時間しています。そのせいか、お昼や夜には眠たくて仕方がありません。困ったものです。仕事で忙しいのなら良いのですが、前ならしなくてもよかった事をしている毎日、そして食事対策と体質改善。時間も掛かるし、お金も要ります。
これも私の不徳がなす事でしょうから仕方がありません。自業自得ということですかね。
 

 昨日、4人目の孫が産まれました。元気な男の子でほっとしています。次女の初出産でした。もう大変でした。14日の午前4時頃に陣痛が5分間隔になったというので、病院に行きました。部屋には、陣痛の時間経過が紙に書かれていました。と言うのも前日の夜からその兆候が現れ、ブレット君が陣痛の時間を克明に記入していたのです。と言うことは13日から寝ないで次女の世話をしていたことになります。ちょっと驚きました。
 それから後が大変でした。私たちも仕事が済んで14日の夜9時に病院に駆けつけました。そしたら次女は疲れ切った顔で痛みにふうふう云ってます。陣痛の痛みに耐えているのですが、産道がまだ開いていないということで分娩室には入れません。暫く様子みているのです。
その間婿殿は次女の身体をさすっているのですが、私はそんな妊婦の姿を初めて見ました。私にも3人の子供がいるのですが、ほとんど奥さんに任せっぱなしでそんな事をした覚えはありません。
奥さんの出産は割と楽そうで時間もそんなに掛かりませんでした。それでも大変だったと思いますが、20年、30年前の話で、忘れています。
それが出産を間近に控えた妊婦を間近に、こんなに苦しむ姿を見たのは初めてです。辛そうで見ていられません。その後、家に帰ってもおちおち寝ていられません。夜中の3時に目が覚めて奥さんを起こし病院に行くことにしました。
  次女はまだ苦しんでいます。婿殿はその間ずっと付き添い身体をさすっています。その時間24時間に及んでいます。陣痛がきてから2日に及んでいます。私はもうビックリです。次女も陣痛の痛みに耐えていますが、付き添っている婿殿にもちょっと驚きでした。私には経験がない事だったからです。ブレット君いわく、次女こそ陣痛によく耐えていると言っています。次女は身体が震え、苦痛に顔をしかめています。足はけいれんのように震えてぶるぶる小刻みに動いています。時々看護師の女性が様子を見に来ますが、産道がまだ数pしか開いていないそうで、まだ数時間かかるそうです。この状態がまだ続くのかと思うと、意気地のない私にはこの場にはおられませんでした。
                            続く  
posted by ヒロシ・マックイーン at 08:31| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。