2010年08月30日

社会人の時に観た映画1975年「祭りの準備」

  脚本家中島丈博の自伝的な映画です。監督は黒木和雄でした。
自伝ですので若き主人公のお話ですが、この題名もすごくインパクトがあり、人生まさに祭りだとうい感じだよく出ていました。
私が多分20歳の時に観た映画です。その頃の私とダブらせて観たことでしょう。これから祭りに向かう男の衝撃的な出来事が旅立ちの前に待っている。そして越えなくてはならないしがらみや別れを熱く、またシニカルに描いています。
  真面目に育った小さな町で暮らす主人公ですが、誰にも言えない大きな希望を持っています。それは人に話しても訳の訳の判らぬ突飛な望みです。身の回りは変な人ばかりです。傍若無人な若者や頭のおかしい祖父、息子を束縛する母親、優しい恋人はいますが、今イチ上手くいきません。自分のその周りに嫌気が差すのですが、それに振り回されている自分がいます。
信用金庫で宿直の時に恋人と過ごしているときに、間の悪いときに火事騒ぎを起こすし、人騒がせな隣人は事もあろうに泥棒をするときに殺人を犯すし、祖父は頭の弱い娘を胎まし、正気に戻った娘に振られついに首を吊ってしまいます。祭りに旅立つには、こんな過酷な事が待っているのでしょうか、必要なのでしょうか。正に「祭りの準備」です。
  私と同年代の話ですから、この映画は忘れられぬ映画の一本になりました。映画は荒削りですが、演じている俳優たちの熱演によりより深い印象を持ちました。特に売り出し中の原田芳雄の骨太のふてぶてしい演技にはまってしまいました。彼のこれより前の「赤い鳥逃げた」や「龍馬暗殺」でも印象深い演技を見せていましたが、この強烈な演技でますます彼らしさを発揮していました。
  主人公の江藤潤も悶々としたどこか頼りない、自信のない彼らしさがよく出ていました。壺を心得た演出というより、俳優たちの個性をそのまま引き出した演出だと思いました。
「祭りの準備」とはよくできた題名です。中島丈博のその後の活躍はご存じの通りですが、脚本家というのはこのような強烈な想い出が必要なのかも知れません。またそれより強い感受性を持ち合わせる必要がいるのかも知れません。
posted by ヒロシ・マックイーン at 10:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月23日

健康を取り戻すために

  久し振りにこの項を書きます。
近頃やたらに手紙を書きます。必要に迫れた訳ではないのですが、自然とペンを持ちます。
ある時はヨガで施術をしてもらう先生や、もずくを販売してもらう沖縄の人。
そして難病の会をお世話してる人など、お礼や疑問や色々手紙にしたためます。
これまで手紙などほとんど書いて事がなかった私ですが、不思議なことです。すらすらと文章が書けてしまいます。面白い現象です。
  体調は可もなく不可もなしですが、ちよっとふらつきが酷くなったかなぁと思う程度ですが、やはり、歩くのがしんどい事は確かです。その程度と書きましたが、ショックまではいきませんが、心配になることはあります。
こうして病気が進行していくのかなぁと思いますが、ヨガのコーチが言っていましたが、大脳だけでなく、小脳の細胞も代替してくれると話してくれました。
私はそれを信じ、自分の脳に呼びかけています。「小脳よ無くなった細胞の変わりを生きている細胞がしてくれ」と。そうすると気のせいか、何となくしゃっきとします。
病は気のせいではなく、現象であり真実ですが、気持ちの持ちようで気分も変わっていくものです。
それは決して逃避ではなく、かっこよく言えば、前向きに考える事だと思います。
  私は弁証法的唯物論者と自分では思っていますが、真実から目をそらすことではなく、事実から発した考えだと信じたい。
私の父親は薬害で苦しみました。内臓に腫瘍が出来たり、足に発疹が出来とても痛い思いを何十年としました。そしてベーチェット病とも診断され失明の危機もありました。
正に半生は病気との闘いでもあったと思っています。しかし父親は病気に決して負けませんでした。もう79歳になりました。
痛くて「もう足を切ってくれ」と思うことも多々あったようですが、決して弱気にならず、強い気持ちで病気に立ち向かいました。
それは驚くべき精神力だと思います。私もそんなDNAを受け継いでいるはずです。
こんな強い父親から生を受けたのですから、私も負けるわけにはいきません。
私は父親のように我慢強くはありませんが、痛みには弱いと思いますが、精神は強くありたいと思っています。
  何十億とある脳細胞をもっと活性化しないといけないと思うこの頃です。私の頭は決して良くはありませんが、近頃、減り萎縮する細胞より、残っている細胞を働かせたほうが良いに決まっています。その方法を見つけたいと思います。
posted by ヒロシ・マックイーン at 09:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月17日

社会人になって観た映画「新幹線大爆破」

 久方に観る大ドラマの大作でした。この作品は東映で作られたのですが、東映では珍しいやくざ映画ではない、しっかりとした見応えのあるドラマに仕上がっていました。
てっきり大ヒットすると思っていたのでが、期待に反して製作費回収が関の山のようでした。
これは後での話ですが、フランスで短縮版が公開され好評を博したそうです。
この映画のファンとしては短縮だとしてもフランスで受け入れられたのは良いことでした。
しかしこの映画の良さは多分短縮された部分だと思います。
 ドラマがしっかりしているからこそ爆破されるのか、否かがハラハラするのです。この脚本は社会性と共に人間性やモラルなど見応えあるシーンが沢山ありました。ちょっとやり過ぎの感もありましたが、先の韓国映画を思わせるような、これでもかというようなシュチュエーションが全編にちりばめられており、今の韓国映画やドラマはこの映画をヒントに作られたのではないかと思います。
まあ日本映画は昔はこのような映画が沢山作られていましたが、プログラムピクチャーや、粗製乱造のせいで、このような映画を久し振りに観たような気がします。
 主演は高倉健で、対する国鉄側は宇津井健でした。正に健さん対決です。様々な人間がこの物語に絡み、警察によって高飛びをしようとする高倉健を射殺するシーンで映画は終わります。
この頃はパニック映画というジャンルがあり、「ポセイドン・アドベンチャー」「タワーリング・インフェルノ」「大地震」等、続々とこういった類の映画が公開されヒットしていました。それを狙っての製作だったと思いますが、なかなかどうして、手の込んだ脚本でしっかりと演出で見事な作品に出来ていました。
 監督はやくざ映画を任されていた佐藤純弥です。この作品の好評振りからか、やたら大作を任されるようになります。
「人間の証明」「野生の証明」「おろしや国酔夢譚」「男たちのYAMATO」等の大作を次々作ります。
今や日本を代表する大監督になったみたいです。
そう言えばこの映画を観ていると、柴田連三郎の小説を思い出します。偶然やすれ違い、運命やどうしようもない定めや人間の醜さや勝手さを思い出します。その本来の力強さを日本人は忘れているようです。
さらりとした、今の映画のアクのなさ、人との絡みの少なさからは虚しさだけが最後に残り、空疎な感動のないドラマしか産まれないような気がします。今だからこそもっと突き詰めるような熱いドラマが産まれても良いような気がする。
この作品にはその強さがあった。
posted by ヒロシ・マックイーン at 11:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月14日

小学生の時に観た映画「座頭市海を渡る」

 私が小学5年生の時、親戚が大阪の我孫子という町に住んでました。
そこに夏休みに行った時に、観た映画が「座頭市海を渡る」でした。
何故この映画の事をここに書くことになったと言うと、Yahoo!の無料映画でこの作品を観ることが出来たからです。
1966年昭和41年の作品ですから、44年振りに観た作品です。どんな作品だったかは残念ながらほとんど覚えていません。しかし観た記憶はしっかり覚えています。
併映作は「大魔神怒る」だったと思います。我孫子大映でこの作品を観たのです。懐かしいというか、あの頃の想い出がフィード・バックしたみたいです。
Yahoo!を観ながら懐かしさと、記憶を辿りながらの1時間20分でした。やはり内容の記憶はほとんどありませんでしたが、部分的には覚えていました。安田道代が池で泳ぐシーンとか、居合いでスイカを切るシーンとかです。
そしてタイトルバックを観て驚きました。脚本にあの新道謙人の名があったからです。こういう娯楽作品でお金を作り、独立プロの作品を撮っていたのですね。ちょっと驚きですが、彼の脚本ですから一ひねりしてあります。
この作品では、善玉と悪玉に分けず、善玉も悪の顔を持っているということを表現しています。つまり、悪玉を斬るのは座頭市にまかせ、自分たちは知らんぷりを決め込み、のうのうと漁夫の利を得ようとしている百姓の姿を描きます。
それ以上は描いていませんでしたが、娯楽映画にこれ以上無理なのかもしれません。しかしもう一ひねりをして欲しかった気もします。
 ほとんど内容を覚えてなかった私ですが、こんなのも良いものです。またYahoo!でみつけたら観てみたいですね。
posted by ヒロシ・マックイーン at 19:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月09日

社会人になって観た映画「続・激突カージャック」

  この作品はたぶんスティーブン・スピルバーグの初劇場作品でした。
その前の「激突」という作品がありましたが、これはTV用に作った作品でありましたが、これは評判が良く劇場用に焼き直した物でした。
この作品が評判良かったもので、たぶん日本題名に「激突」を被せたのでしょう。内容は「激突」とは全く関係ないものでした。原題は」「シュガーランド特急」と記憶しています。このほうが良かったのに・・・。
しかし私はこの作品の出来映えが気に入り何度も劇場に足を運びました。主演のゴールデン・ホーンもおきゃんで元気な彼女の魅力たっぷりでした。
 内容は自分たちの過ちで里子に出された息子に夫を脱獄させて息子のいるシュガーランドに向かう話だが道中、警官を拉致しててんやわんやの大騒動になる話です。
騒ぎを無線で聞きつけたパトカーや報道陣や野次馬も巻き込んで喜劇じみてしまいますが、私は道中の面白さに引き込まれてしまいました。
延々と続くパトカーの数々。それは壮観な眺めでした。警察の責任者のベン・ジョンソンの意味深い演技、ゴールデン・ホーンの天衣無縫の演技ぶりに見とれてしまいます。まさに私はこんな映画を観たかったと思わせてくれました。
スピルバーグの演出は見事です。とても上手くまとめています。まだ20代だと思いましたが、この頃から非凡なものを見せていました。
 この作品の好調が、映画会社のお偉いさんを動かしたのか、「ジョーズ」「未知との遭遇」へと続き、ヒットメーカーとなり世界をリードする大監督に登り詰めます。まさにこの映画が転機になったと思います。
それほど見事な映画でした。
  この映画は実話を元に作られていました。映画は里子になっていましたが、実際は実母から息子に取り戻す話です。映画でも最後は警官に夫は撃ち殺されてしまいますが、実話でもそうだそうです。この最後はちょっとショックでした。何も殺さなくても良いと思ってしまいます。それだけ感情移入していました。
  いつだったか忘れましたがTVで放映されました。その時は観れませんでしたが、また機会があれば観たいものです。スピルバーグの実力を思い知りますよ。
posted by ヒロシ・マックイーン at 07:21| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。