2010年10月26日

社会人の時に観た映画1976年「タクシードライバー」

 あの当時、ニューヨーク派と呼ばれていたと思います。いわゆるセットを主体とした従来のハリウッド映画の手法ではなく、自由に作家の主体性を尊重した映画作りのようですが、、アメリカン・ニューシネマの時代最後期も作品と位置づけられるかも知れません。実際ニューヨークを拠点とした活動をしてハリウッドとは一線を画く映画作りをしています。
 監督はマーティン・スコセッシ監督ですが、これが出生作になりました。その名の通りイタリアの移民の子のようですが、暴力描写が凄まじいようにそのような生い立ちが映像によく現れています。この「タクシードライバー」もその辺りがよく描かれています。暗い画面、いつも蒸気が上がっているような、じめじめした空気。どこか不健康そうな社会がそこには存在していました。私はどうもこのような映画が苦手です。心が拒否反応を示すのです。
話も一見脈絡がない描写の積み重ねのように見えますが、全体に不安定な不吉な雰囲気が全編に漂います。主人公のトラビスも決して普通の感じではありません。彼女に普通のようにポルノ映画に誘ったり、事務所に押しかけたり異常者のようです。私はその時のニューヨークとは怖いところという印象を持ちました。映画の後半部分に入るともっと異常な世界に入りますが、監督にはこのような世界が普通だったのかも知れません。しかしトラビスには正しいことをしている意識しかありません。幼い売春は良くないと、彼女を助け出そうとします。しかしその方法は暴力でした。頭もモヒカン狩りにし、拳銃で彼女を助け出そうとします。まともではありません。まるで、アメリカはそれでしか、解決方法がないみたいです。
 この映画のヒットでアメリカ映画の方向性が定まったような気もしますが、一方で「アリスの恋」とか「ハリーとトント」のような映画もでてきます。多様性に富んだアメリカ映画の一端を覗かせますが、アメリカの持つ病根まではたどり着けません。映画は社会を映す鏡なのでしょう。しかし私はもう一度観ようとは思いません。
posted by ヒロシ・マックイーン at 10:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

社会人の時に観た画1975年「男はつらいよ寅次郎相合い傘」

 この頃の山田洋次監督はこの「男はつらいよ」シリーズの最も油が乗ったときだと思います。
この「相合い傘」は先作の「寅次郎忘れな草」で初めて浅丘ルリ子とコンビを組みますが、その後何本も出演しこのシリーズの常連となりますが、その都度楽しく観ました。最後の方になると寅さんの処遇に困ったような感じで男じゃないような寅さんでした。まあ、リリーを愛してるのは判りますが、男と女の関係は描けないというか、描かない男女の関係の極地のような作品群になりました。勿論リリーの方はそうは描いてはいません。ため息というか、そうならない、なってはいけない関係を少々もてあましているような気がしましす。
まあそうならないのが、この寅さんの良いところでしょうが、そのギリギリのせめぎ合いは監督と観客との闘いのようでもありました。
 この作品はこのシリーズの中でも出色の出来映えだと私は思っています。リリーもいいが船越英二の好演で映画に奥行きが出ました。蒸発男の船越ですが、結局三人旅が始まります。寅さんは面白くありませんが、船越の何となくとぼけた味が、映画を面白くし、スパイスにもなります。東京に帰った船越は元の生活に戻って行くのですが、そのギャップに唖然というか、やっぱりねと変に納得してしまいます。彼からというか、我々からも寅さんやリリーの住む世界は別なものというのが、説得力あって描き込まれます。
この寅さんシリーズに言えることですが、我々が普段出来ないことをやってくれるのが寅さんで、映画というものの魅力の一つだとも言えます。
 昔、私のおふくろが言ってました。「映画は普段の生活から感じられないものを実現してくれるから観るのだ」と。寅さんもその延長上のあるのだと思います。テキ屋という特殊な世界で生きており、また自由に恋いをする。しかしその世界は決して我々の生きている世界とはかけ離れていなくて、それ以上に厳しい世界だと言うことも山田監督は決して忘れません。所々に要所要所に描く込まれています。山田監督の真骨頂です。しかし我々の夢もちゃんと描いているのです。
 映画とはちょっと離れましたが、これが15作目ですから、実にこの3倍上の作品が作り出されたのです。驚異としか思われません。私がリアルタイムで「男がつらいよ」は確かリリーが初めて出た、「寅次郎忘れな草」だと思われます。以前この項で「私の寅さん」と書きましたが、間違いでした。あれからもう35年以上も経っているのですね。
posted by ヒロシ・マックイーン at 06:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

社会人の時に観た映画1976年「男はつらいよ夕焼け小焼け」

 私はこの「」男はつらいよシリーズ」の中でもこの作品は好きな部類に入ります。とにかく小気味よい演出なのです。キネ旬でもたぶん2位と高評価された作品です。
 この映画のテンポに良さは多分にマドンナ役の太地喜和子のキップの良さの影響だとも思われますが、中々の出来映えでした。また、宇野重吉の好演も映画の奥行きを作りました。無銭飲食をしそうになった老人がまさか日本を代表する画家とは知らず、騒動をする有様や、画用紙に落書きのような絵を描いたのが、大金に変わる様などが、まるで良くできた落語のような展開をする様子などが描かれていきます。その画家と地方で再会する様などは実に良くできたものでした。その地方が夕焼け小焼けで有名なたつの市などはご当地紹介場面の教科書のような出来映えでした。そこで芸者をしているのが太地喜和子で全くお似合いでした。男気があって、キップがよい。情にもろくてお人好しというところなど彼女にぴったりであんじょう騙されてしまう。そこで立ち上がるのが寅次郎だが、とんちんかんな問答と持ち前の行動力で最後は目出度しとなるのだが、画家も粋なことをするものでラストはちゃんと締めてしまいます。
 この頃の寅さんシリーズは年に2本こなすのに大変だったと思われますが、女優もまだ供給にまだあったし、次は誰だろうと予想するのも楽しみでもありました。女優のほうも選ばれるのが楽しみだったと思います。人によって違いはあると思いますが、ますます山田監督も円熟味が増して来る頃だとおもわれます。
ラストシーンの絵を送られた時のぼたんの嬉しそうな顔が想い浮かびます。それはまさに緋牡丹の鮮やかな絵でした。
 私はこの作品が好きです。でも惜しい女優を失ったものです。今生きていたら大女優になっていたことでしょう。
posted by ヒロシ・マックイーン at 07:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

社会人の時に観た映画1975年「デルスウザーラ」

 黒沢明監督が「トラ・トラ・トラ」で降板させらた後作った作品ですが、黒沢監督に絶大の評価と信頼をおいていたソ連映画界が彼の好きなように撮らせてもらった作品です。だいぶ苦労したそうですが、なりよりもカラーの色が一番のの苦労したと言っていました。私は朝日会館の大画面で観ましたが、そんな苦労はよくは判りませんでしたが、素晴らしい映像でシベリアの大自然を満喫しました。
 黒沢監督の好きなような撮ったのですから、悪かろうがありません。彼の作品は大方観ましたが、私の中では好きな部類にはいります。何より主役の俳優が素晴らしい。演出のてらいがなく、とても自然に進んでいきます。まるで大自然が主役のようで、これ見よがしの演出はなく、実に大河のように堂々と進んで行きます。以前から黒沢映画があまり好みでなかった私ですが、この作品は参ってしまいました。特にキャプテンが川に流されるシーンや大草原で道に迷い、草を刈るシーンなどは眼を瞠りました。よく撮ったものです。ある意味黒沢映画の集大成かも知れません。ドラマチックな出来事はありませんが、一コマ一コマだ完成されているような気がしてすんなりと観ている私たちに入ってくるのです。今までの黒沢映画には経験しなかった事です。膨大なお金と労力が国を挙げて作られたことが、見受けられます。
 この後、「影武者」や「乱」等が国内でも作られたが、私はこの作品が一番好きです。国内ではこの映画に対し色々言われたようですが、シベリアだから出来た映画だと思っています。
posted by ヒロシ・マックイーン at 14:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。