2010年11月29日

社会人の時に観た映画1976年「不毛地帯」

 何というタイミングの良さであろうか!この映画が公開される時、前総理大臣が逮捕されるという事件に発展していった。世に言う「ロッキード事件」ですが、毎日、連日新聞やTVに取り上げられててんやわんやの大騒ぎになっていました。そのタイミングで公開されたのが、山崎豊子のこの「不毛地帯」でした。監督はこの手の作品のでは、抜群のさえを魅せる山本薩夫監督です。見応え充分な大作に作られ、実際起こった疑獄事件を見事に再現してくれました。ふーんこういう風に起こったのか、こんな流れでお金が政治家に渡っていったのか、政治家と企業の関係とか、官民の癒着や、官僚たちの役回りとか、色々勉強になりました。小説の世界ではなく、実際に起こったであろう、事件の検証になりました。事実は小説より奇なりと言いますが、ロッキード事件を平行に見ることが出来ましたから、小説と同じことが実際に起こっているのが、歴史として証人となりました。しかしこの事件が、政治ばなれを引き起こしたのも事実です。所詮政治とはこんなもの、金儲けで政治をやっているとか、国民は思ったことでしょう。とても危険な兆候です。実際何億円というお金が、政治という世界で飛び交うのですから、国民はやってられません。小説同様、不審死も多くありました。政商という存在が実際存在し、政治家が蟻のごとく群がる。そんな小説のような世界が明らかになっていきます。映画か事実かみがまう世界です。「華麗なる一族」「金環食」そして「不毛地帯」と見事に日本の恥部が繋がっていきます。おそらく、今の社会でもそれとほとんど変わらぬ世界が展開されているのでしょう。情けない世界です。NHKの「龍馬伝」で理想の社会がやってくると語っていましたが、見事に裏切られた思いでしょう、龍馬は。
 で、映画ですが、この映画は日本映画で大ヒットしました。それから以降このような映画は日本で作られていませんが、山本監督以外でこのようなスケールを持った監督が現れないのと、どちらかと言えば内向きに日本映画がなって行ったのかも知れません。何となくそんな気がします。
posted by ヒロシ・マックイーン at 18:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月19日

健康を取り戻すために「ヨガをやめました」

 友人の薦めで4月から通い出した「ヨガ」ですが、今月で止めました。
と言うのも、ヨガ自体私にはとても合っているように思えるのですが、
何せ収入が少ないものですから、二人が教室に通うのは無理と判断したからです。
しかしヨガの効果は私の体にしっかり効いていると思います。前にも書きましたが、
私の通っているのは、ブレイン・ヨガといって、脳のトレーニングである脳波振動をする運動です。
私の病気である小脳や脳幹が萎縮したり、細胞がなくなったりするのを、
脳波振動でその脳幹などをコントロールするものです。
それが可能かどうかは私には判りませんが、うまくコントロールできれば残った細胞で
普段の生活や運動を回復できるはずです。
それが、ネッパジンドンによって出来ると本には書かれています。
それを信じるか信じないかは本人の自由ですが、今はそれしか残っていないとすれば、
その運動、ヨガをするしかありません。私は毎朝早く起きて教えられた運動を毎朝しました。
勿論今でも続けていますが、今月で教室に通うのは止めにしました。
 正直に言って私の病気の症状はたぶん進んでいると思われます。
昨年と比べ、歩行は悪くなっているし、呂律や声が出にくくなっているのは間違いありません。
ではヨガの効果がないではないかと思われても仕方ありませんが、
もし日頃のこの運動をしてなかったらもっと悪くなっていたような気もします。
 とにかく広大の先生も日頃から運動をしなさいと言われていました。
しかしいざとなってみれば案外出来ないし、一人では出来ないものです。
ところが教室になれば、張り合いが出来て続けることが出来るものです。
しかし止めてしまった現在果たしてそのまま続けられるだろうかと不安です。
ただ、広大なり、その前に通っていた病院でも、どの位どんな運動をすれがば良いのかは
指導されてはいません。いい加減なものです。
人それぞれ病気の進行に応じてそれは違うのでしょうが、それは個人任せです。
それが西洋医学の限界だとも言えますが、ヨガや東洋医学は違います。
理屈をつけて自分らの施術を試し、何とか病気を治そうとします。
それが違いと言えば違いでしょう。大きな違いです。今通っている、整体でも一生懸命
施術をしてくれます。私にはその理屈はよくは判りませんが、やっぱり、しないよりか
絶対マシだと思います。
 とにかく、自分の病気は怖い。怖いから何とかしたいと思い、習ったネッパジンドンを
するしかないのです。するしか、今のところ対抗処置はないのです。
車の運転がちょっと危うい今、一人で車の運転は正直怖い。
だから一人ではヨガに行けないのも事実です。 私は首振りに期待しています。
何とか残った細胞が今まで出来たことの代替をしてくれ、
その能力が備わってくれと願っています。
posted by ヒロシ・マックイーン at 21:43| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

健康を取り戻すために

 もう25年来の友人より、時々連絡がくる。
彼がまだ広大7年生の頃だから、もうそのくらいになるだろう。
残念ながら彼は卒業しなくて中退したみたいだ。傍目には実にもったいない気がする。
私の友人や知り合いも変わった人が多いが、彼の人生も波乱に富んでいるだろう。
しかし、私も彼の人生のほんの一部しか知らないはずだ。
人生とは先の見えぬもので、計算通りいかないものだ。
私もその中に入っているが、一寸先は闇とはよく言ったもので闇とは言わぬが、
見えないことは確かである。
 その面白い彼から、島に遊びに来ないかと、再三お誘いがある。
彼の今住んでいる島は大津島といって山口の周南市にあるらしい。
どうやら母親が訳あってそこに住んでいて彼もその島に大概いるようだ。
地図を見ると風光明媚な島らしく、海水浴場などもあるようだ。
 私の趣味の一つに魚釣りがある。私の釣りはとにかくずぼらなもので投げっぱなし
な釣りだ。だから魚種は知れてるし、大物など釣れるはずもない。
まあ、私はそれでいいのだが、その大津島は私にはピッタリの島のようだ。
私は今なら、カレイやらアイナメなどを釣りたいが、私の今の体調ならギリギリのところだろう。
 彼は昔、釣り関係の仕事をしており、それは釣りに関しては詳しいものだった。
中国、四国地方を取材で飛び回っていたこともあった。傍からみれば、楽しそうな仕事にみられたが
なかなか大変そうだった。
出来ることなら、私もその島に渡ってゆっくり釣りでもしたいものだが、今の境涯では今のところ無理なようだ。再々誘ってくれるのにすまんねF君。
 しかし君の電話はいつもタイミングが良すぎる。丁度いい時にかけてくれるからだ。
(これ褒めている)丁度良いときとは、何かしたいなとか、誰か声を聞きたいなという時だ。
私は長話しが不得意だが、君は次々話題を投げかけてきてくれる。嬉しいものだ。
 いつかきっとその島に行ってみたい。なるべくその時が早まるようにしたいものだ。
posted by ヒロシ・マックイーン at 18:28| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月07日

社会人の時に 観た映画1976年「かっこうの巣の上で」

 題名の「かっこう・・・」とはよく判らない題名でしたが、ちゃんと意味があるのでしょう。可愛らしいというか、何となく間抜けな気もします。またちょっと怖い題名ですが、この作品がアカデミー主要部門を独占しました。それだけアメリカ映画にとって意味のある、重要な作品であることは間違いないようです。
 私は主演のジャック・ニコルソンはこれで4本目ですが、出生作だとされている、「イージ−ライダー」の弁護士役はそんなに印象がなかったようです。しかし高校時代に、淀川氏の評論で彼がいたからこの映画は光っていたと書かれたの読んで、「へぇーそんなものか!?」と関心したのを記憶しています。たぶん、これで演技というものを初めて知ったと思います。
 その後、「ファイブ・イージー・ピーセツ」とか「愛の狩人」「チャイナタウン」等も観ました。どの作品も印象深くまさに独壇場という感じで圧倒的な演技の数々だったと思います。しかし私は彼のアクの強い顔と演技が好きではなく、後に出てくるロバート・デ・ニーロと共にあまり好きな俳優ではありませんでした。その理由は以前書いた記憶がありますのでここでは長くなるので書きませんが、あの狂気じみた顔が好きではなかったのでしょう。
 「かっこう・・・」ではそのアクの強さが全面に出た作品でした。それまでに観た作品も彼らしさは出てはいましたが、この作品ほどではありません。まさに適役というか、このような役どころは彼がいなけりゃ出来なかったと思います。ここから彼のキャリアは拡がったと言ってもよいと思います。どれだけアカデミー賞を穫り、ノミネートされたかは数知れません。もう当代きっての名優と言っても良いでしょう。
 監督はミロス・フォアマンです。また彼の作品群も素晴らしい。名監督と言えるでしょう。特に「アマデウス」は映画史上に残る名作だと信じて疑いません。
「かっこう・・・」は精神病院の理不尽さ、いや人間の気にくわない者を排除する精神を見事に描いています。とても私の筆力では書かれませんが、人間の生きる尊厳まで問いかけてくる映画でした。ラストの重い水飲み台を持ち上げて窓を破り脱走するネイティブ・アメリカンの姿が人間の自由を謳いあげて見事なラストシーンを魅せてくれます。人間とはかくありたいと思ったしだいです。
 人生で生き方を示唆させてくれる映画にはなかなか出会いないものです。この作品も私にとってそのような映画の一つのような気がしました。とにかく見事な映画だと思いました。
posted by ヒロシ・マックイーン at 14:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月01日

健康を取り戻すために

 昨日は新聞配達の日だった。私はもう30年近く新聞を配っています。最初は日曜版の配達だったのですが、途中から、日刊紙も配るようになりました。
夏はよいのですが、冬の寒い朝などは何でこんな事をしているのかと思ったりもしました。雨の日などは大変でした。私は普段はバイクで配達をしているのですが、雨が強い日などは車で配ったこともありました。しかし週1回か2回などで毎日配る人などはたいへんだなぁーと思っています。
 何故こんな事を書くかというと、昨日の配達でもうバイクでの配達は無理と判断したからです。私たちの配達の管理をしてくださるH氏の奥さんは無理なら言って下さいと、声を掛けて貰っていたのですが、こればかりは少々無理でもやろうと思っていたのですが、ついに止める事にしました。バイクでもふらつくのです。矢野は坂道が多く、その上道が狭いときている。真っ直ぐバイクの運転が出来ないのです。側溝や、欄干のない橋などは川に落ちそうです。ちょっと大きい道でも車とすれ違うときはぶつかるのではないこと怖いのです。先週までは、そこまではなかったのですが、やはり怖いので慎重に運転していたのですが、とうとう今週で配達は無理と判断したのでした。もっと慎重に運転すれば出来るのでしょうが、時間がかかり過ぎ疲れてしまいます。他の配達者の方に大変迷惑をかけますが、このまま続けてもし事故でもしたらと思うと決断したしだいです。
 情けないことこの上ない心境です。このままどうなってしまうのかと思うと気分が落ち込んでしまいそうですが、奥さんの気丈な見ているとそんな事は考えまいと思います。しかし考えないことはありえませんが、その時はその時で、何とかなる精神で事に当たって行こうと思っていますが、やっぱり情けない気持ちです。
 朝5時頃は、空気も清々しく1日で一番綺麗な空気かも知れません。色んな事を考えながら配達をしました。もうそんなことはない日々がきます。なんと言って良いのか判らないことですが、ちょっぴり寂しい気もします。ただし、日曜版と集金はもう少し奥さんとしていこうと思っています。
posted by ヒロシ・マックイーン at 18:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。