2009年10月21日

高校時代の映画「Let・it・be」

  この作品は1970年の公開だから私が高校1年生の時に観た作品です。それからまもなくビートルズは解散しました。まさに解散直前に作られたようですが、そんな様子が伺えました。元々私はビートルズにはあまり興味がなく、どちらかと言えば、ローリング・ストーンズに夢中でしたので、リッツ劇場に公開されたとき観に行こうか迷ったくらいでした。しかし彼らの作品も観ていたようが良いかなと言う気持ちで観た作品でした。
  映画は彼らのリハーサルシーンが中心で、ビートルズに興味がある人にはたまらない映画でしょうが、そうでない人には何てこと無い作品でした。どうしてこんな映画を撮ったのだろうと、疑問に思ったことを覚えています。評論で誰かが書いていましたが、みんなバラバラで勝手なことばかりしているようで、昔のイメージとは随分違うなぁと思ったそうです。昔は一生懸命一つの音楽についてみんなで作り上げていく姿勢が見受けられたそうですが、この映画ではてんでバラバラでそんな雰囲気は感じられないと書かれていました。私もそう思いました。
  ビートルズ時代の音楽はもう作り上げたという感じです。その頂点が「Let・It・be」なのでしょう。この作品のタイトルにもなっていますし、ビートルズ時代を締めくくるには相応しい音楽だと思いました。私もこのシングル盤を買ってステレオでよく聞きました。何度聞いても飽きない作品で音楽史に残る作品ではないかと思います。
  ビートルズの全盛時代は私が小・中学生なのでよくは知りませんが、映画に流れる作品はよく耳にした音楽ばかりです。その中で一番印象に残るのが「Get・bacK」です。あるビルの屋上で何故か判りませんが、屋上にステージを組み、歌い出します。警官が取り囲み、聞きつけた野次馬がたちまち群がります。路上で上を見上げる者、興味深そうに聞き入る者、それぞれですが、いかにもイギリス人らしい取り澄ました感じでした。私はこの時のシーンがとても印象深く実はYouTubeで最近よく聞いています。何故か、このシーンがYouTubeにあり、懐かしく聞いています。この時のビートルズはとてもかっこよく「Let・It・Be」とともに好きな作品でした。
  みんな髪の毛をぼうぼうに伸ばし、髭も生やし邦題で、メンバーもポールの言葉にあなたの作品だから思うようにすれば良いと言い放ちます。何だか一体感というのはそこからは感じられませんでした。映画のポスターにもありますが。それぞれ4人が4コマで映っています。その時のビートルズを象徴しているポスターとレコードのジャケットでした。
  そして解散、映画の出来はそんなに良いとは思いませんでしたが、一つの時代の終わりを象徴した作品にはなりました。そのビートルズも2人が亡くなり、もうその音楽は永遠に聴けなくなりました。
posted by ヒロシ・マックイーン at 07:14| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。