2009年11月30日

高校時代の映画「忍ぶ川」

  高校生にはこのような文芸作品はどうもいまいち食指が伸びませんでしたが、「いや、このような作品も観ないと映画ファンにはなれません」と意気込んで観た作品です。そしてやたら評価が高く、そして熊井啓監督の作品は初めてなのも観る気にさせたのでしょう。しかもいまどき白黒作品なのも気になりました。
  お話も何となく殷々鬱々そして観ていて楽しい気分にはなれませんでした。家族に自殺者がいるとか、婚約者がいるがどうも好きになれないとか、お話が内にこもる内容なので、やはり白黒のほうが雰囲気に馴染むなぁと妙に感心したものです。宿命とか人間の内なる気持ちに映像がとても合っており、とても印象に残る映像がいまだに思い出されます。
  主演の栗原小巻さんは当時非常に人気があり、コマキストなどなる言葉も存在し、あのサヨリストと二分していたほどですが、高校生の私にはちょっと年齢が開きすぎて、へえーと思っていたのですが、その当時の私のアイドルは岡崎友紀さんでした。TVで「奥様は18才」という人気番組があり、吉沢京子さんとこれまた人気が二分していたのです。話は脱線しましたが、その当時栗原小巻さんの乳首が見えたとかヌードになったとか話題は色々ありました。
  内容は暗いお話ですが、やはり素晴らしい監督にかかれば印象深い映画になるのですね、その当時観た日本映画でもやはり1位にしたかも知れません。田舎に帰り結婚式をあげ、翌朝二人が毛布にくるまって雪を眺めるシーンはこれからの二人の未来を予感させるのに充分な映像でした。何だかこんな事が自分にもあるのかなぁと思ったものです。人生と言うのは厳しく辛いものを多分に含んでいるのですが、その当時の私にはただ眺めるだけでした。
posted by ヒロシ・マックイーン at 07:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。