2010年01月22日

はっきり知ってしまった(脊髄小脳変性症との事)

  私の病名を知ったのは、もう一つの私のブログ「ぐんぐんの言いたい放題、書きたい放題」からです。その題名通り政治や社会のことを無責任に書き殴っているブログですが、そこに病院のことを書いていたら、お店のお客さんから投稿があったのです。そこには実母のことが書かれてあり、母もその病気にかかっておられ、症状が似ているからネットで調べてみてはということでした。早速ネットを見てみるとその症状にそっくりでした。いや正にそのものでした。ちょっと愕然としましたが、これではっきりと自分の病名をを認識することができたのです。その方の母も随分長くその病気と闘っておられるようです。またそのコメントのことは妻から教えてもらいました。「kさんからブログにコメントがきているよ、病名も書かれてあるよ」とのことでした。
  これで先にお医者さんが言われたことが納得できたのです。何故自殺などと言われたのか、言われた理由も判りました。記事を読むと何だかお先が真っ暗なのですから。病名を知ると私1人の問題ではなくなります。周りにどれだけ迷惑をかけ問題が拡がるか・・・。特に妻にとっては大問題です。次の定休日に妻と一緒に病院に出かけたのです。その間、私は出来うるだけネットでその病気のことを調べました。調べば調べるほど救いようのない内容が書かれてあります。先生が言われた「ネットで調べてあまり暗い気持ちにならないように、あまり良いことは書かれていないから」と言われた理由も判りました。これで全てが繋がったのです。よく病名を知らないときは私1人で済ます考えでしたが、知った以上そんな訳はいきません。妻にもお医者さんからはっきりしたことを聞いて欲しいからです。
  私の人生にとってこんな事は多分一大事だと思います。このままだと寝たきりになることが確実なのですから。しかしお医者さんは人生設計がはっきり立てられるとも言われました。ある意味そういうことです。高血圧とか心臓病とか突然死に至る病気ではないから、思いようによっては準備や進行を遅らせることを考えればよいとも言われたのです。私は案外NO天気です。そりゃそうだと納得したのでした。
posted by ヒロシ・マックイーン at 07:22| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。