2010年02月19日

映画鑑賞記「インビクタス」V

  インビクタスとは劇中にもチラッと紹介されますが、マンデラが獄中に読んだ詩の題名のようです。この詩によって彼は励まされ、生きる指針にもなり、不屈の精神を培われていったのですが、彼の寛容の心もそこから学んだことなのでしょうか。ラグビーチームの主将もマンデラのいた監獄を仲間と尋ねます。そこで見たものは彼の心に大きく響きます。アパルトヘイトの惨さと非人間性です。それを感じとったチームはそれこそ大きなものを心に宿すのです。
  マンデラが国に大きな希望と夢を与えるドラマもとても重要な要素ですが、なんと言ってもこの映画の圧巻はラグビーシーンの素晴らしさでしょう。観客はチームの勝利とともに喜びを共に味わいます。まるであたかもその国の人々のような気持ちになります。スポーツというゲームと選手達のがんばりに刺激され、我々も感動を味わう事になります。よくスポーツがプロパガンダに利用されるのも判りますが、スポーツは人々に勇気と気力を与えてくれるのも確かです。他の動物では決して無かった出来なかったことがスポーツなのかもしれません。だからこそこんなにスポーツに熱中し、声援、応援し感動をそこから得るのだと言えます。元来、人間は感動を求めている動物かも知れません。心の琴線を刺激され、同調を求め、明日からもガンバローという精神は感動から得られるものだと思います。
  エンディングに流れる、「ジュピター」の詩は我々に生きる素晴らしさや手を繋ぐ必要を説いています。観客はそのメロディーを聞きながらこの映画を見終えますが、何らかの力をこの映画から授かったと思います。それは今の日本の姿を見つめる目でもあり、よりよい社会を作りだそうとする心だと置き換えられると思います。少しでもいいから明日を良いものにしていきたい。そんなことをこの映画から感じ取りました。
                        終わり
posted by ヒロシ・マックイーン at 06:47| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。