2010年03月28日

多系統萎縮症って事だ

  この病名をもらって人生が大きく変わった、と言うか転換せざるをえない状態になりました。このブログは映画の想い出や感想を書くものだったのですが、私の病気のことも併せて書こうと思っています。実際何度か病気のことを書いています。何か変な組み合わせですが、人に読ませるものではなくて、自分史のつもりで書いていくつもりです。
  沖縄に住んでいる長女が心配してくれて、「もずく」を飲むことを勧めてくれました。1本結構な値段がしますが、医者から今まで治った人がいないと聞いた以上、もう何でも取り組むつもりでいました。友人たちも色々心配してくれますが、まずは娘の薦めを信じてもずくを飲むことからやってみようと思いました。また娘が、森美智子という方がおられることを教えてくれました。彼女は脊髄小脳変性症を克服した人らしいです。それももう既に16年間も青汁だけで生きていて、小食や断食で病気を乗り越えてそうです。まだ書かれた本は読んでいませんが、彼女の講演を聴かれた人のブログを読むとへーと感嘆するばかりでした。
  断食というのは私が20歳くらいの時に職場の先輩から「口内炎がそんなに出来るのなら、体質改善してしかない。それは断食だ」と言われたことがあります。その当時ですから「断食」と言われてもマンガチックな話しか思いませんでしたが、まさか30年以上も経て、断食の話が身近に起きるようになるとは思いもしませんでした。森さんの話も「もずく」のことも断食がキーポイントなのです。そのことで私の病気が治るかは判りませんが、要するに体質を改善するしか今の私には残されていない気持ちになったのは確かです。                                                        
                    続く
posted by ヒロシ・マックイーン at 08:16| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。