2010年04月12日

社会人に観た映画「ゴルゴ13」

 当時、大人気だった(今でもビックコミックに連載中)劇画の映画化ですが、監督も佐藤純弥さん、主演も高倉健さん、海外オールロケの大作しした。当時ゴルゴ13のモデルは健さんだと言われていましたし、どんな映画になっているのかとても期待をした覚えがあります。しかしちょっとがっかりしたことだけは確かです。映画の内容は全く覚えていませんが、高倉健さんもゴルゴの感じではないなと思いました。人気漫画の映画化は今では珍しくありませんが、当時漫画の映画化などとはあまり記憶にありません。それも大スターが演じるなんて驚きでしたが、やはりはずれでした。ゴルゴの寡黙なところは健さんにはぴったりだと思ったのですが、ラブシーンも映画にはありました。健さんの照れくさそうな感じで見ちゃあおれませんでした。こんなシーンは要らないと思った次第です。
  今でもそうですが、アクション映画やスパイ映画などが日本で撮られますが、全くへたくそで、だめです。外国映画の真似をしてやたらコマ数を増やしたりしてテンポを上げてそれらしくしようとしますが、その効果が現れずやたら忙しいがさつな映画に仕上がってしまう傾向にあります。この映画は今の映画とは一線を画してじっくり撮ってあったと思いますが、これまた世界を股にした映画とも違って見えて、努力は買いますが似合わないと感じたのです。たしか中東イランが舞台だったと覚えていますが、漫画の世界と実写の世界が上手くマッチせず、おかしな映画だった記憶があります。
  佐藤純弥監督はこのあと「新幹線大爆破」や「人間の証明」「敦煌」「男たちの大和」などを撮る人気監督になります。これまではやくざ映画を撮ってきた東映の中堅監督でしたが、この作品以降、大作を任されるようになったようです。しかしこの作品は今ひとつでしたが、映画もそこそこヒットしたようです。千葉真一さんで2作目が出来ましたが観に行く気がしませんでした。
  このゴルゴ13は今でも連載が続いています。もう40年以上書かれていることになりますが、正に驚異的です。今日的な話題を盛り込んで描かれていますし、読んで飽きない面白い劇画ですごいの一言です。
posted by ヒロシ・マックイーン at 07:18| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
仙人の話ですが。ぐんぐんさんが仙人に・・・と私に言ったので、それで私は仙人と書いたのですよ!それも忘れたのですか?まあ、忘れるのは今始まったことではないので、安心ですが・・・・
Posted by さきちゃん at 2010年04月13日 14:34
ひぇー!そんなこと言ったけ?でも昔はそんな食生活だった。今の私は糖類はいっさいダメで、まるで仙人のようです。果物で糖質を補っています。肉、卵類は口にしていません。もっぱら野菜を少しの味噌で味付けして塩を中心に調理しています。そして魚、サカナ、さかなです。きっちり65キロをキープです。義姉もすごく痩せたと言っていました。意外と天然ものは安く手に入ります。こんど5月の小旅行が楽しみです。もっぱら地物の魚料理が中心の予定です。
Posted by ぐんぐん at 2010年04月13日 16:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。