2010年05月07日

健康を取り戻すために

 今の私の生活は、この題目通りまさに健康を取り戻すため一辺倒です。
私の生活はそれの為にあるみたいです。奥さんもそれに協力してくれています。
それが適正であるかは色々問題があるかも知れませんが、仕方がありません。
寝たきりの生活はまっぴらご免です。
そのようになるのは時間がかかると言われていますが、私の場合はそうでもないようです。
結構進行が早いと思われます。
どっちにしても何とか脳細胞が減少するのをくい止めたいものです。
絶対何かあるはずです。
それを信じて生活をしているのですが、時々こんな事をしていて本当に効くのだろうかも弱気に思うこともあります。
人にこのことを話していると、何でこんなことになったのだろうと気持ちが高ぶり、どうしようもなく感情を押さえきれない時があります。
しかし、直ぐ思い直します。
愚痴っても仕方がない、人生の試練だと思って立ち向かうしかないと・・・。
  先日連休が始まっての5月2日,3日に、もずく断食をしました。
2日の朝はいつもの通り食事を取るのですが、4日の朝までの5食を抜く断食です。
もずくは毎食150ccずつ食します。
あとはお茶のみです。
水分をばかばか摂ります。
ですからこの2日はほとんど家から出ず、じっと大人しくしていました。
しかし食絶ちというのは辛いものです。
やはりお腹は空きますが、我慢しかありません。
何度もお腹が鳴るのを聞きました。
しかし2日経つのも結構早いものですが、あまりストレスは感じていませんでした。
今回で2度目ですが、ちょっと楽しみでもあります。
自分がどう対応し我慢出来るのかと思うからです。
  4日の朝から仲間と小旅行です。美味しい地物の魚が食べられるはずです。
管理先に「地物の魚だけでお願いします」と注文しておいたからです。
期待に違わず良い魚が揃っていました。
そこは料理はしてくれません。
全て自分たちで調理をするのですが、仲間に魚を刺身に見事にさばいてくれる人がいます。
鯛、タコを刺身、カルパッチョにしました。
桜鯛が10枚以上、そして大きなタコ、見事なメバル、これも15匹以上いました。
大きなメバルはメバルご飯にしました。
そして沢山のサザエです。
これも刺身と壺焼きです。
小さめの鯛とメバルは塩焼きとムニエルにしました。
この料理は私の今の食生活に合わせてもらいました。
今回の料理は私の毎日の料理方法にしてもらったのです。
ですから食材や調味料は全て健康食材、食品です。結構高いものにつきました。塩は現地で姫ひじき塩を体験づくりで手に入れることができます。
油はエキストラ・バージンオリーブオイルです。
胡椒、醤油、酢も昔ながらの製法で作ったもので、防腐剤や余計な物は入っていません。豆腐、野菜、果物、コメ、等全て健康食品でした。ですから料理もとてもシンプルでした。
甘いものは一切ありません。
砂糖類は持って行きませんでしたから。
私は魚に大満足でした。
みんなはどうかは判りませんが、美味しく出来たと思っています。
こんな魚が1万円で注文出来るのならまたいつか機会を作って訪問したいものです。
  しかもこのコテージ梶ケ浜は贅沢な施設でした。
下蒲刈にこんな施設があるなんて思いもしませんでしたし、施設もほとんど活用されていないようです。
コテージ以外休眠状態みたいです。もったいないことこの上ない有様です。
コテージも使い勝手は色々奥さん達はあるようでしたが、綺麗に管理されておりそして囲炉裏もあって楽しく使用できました。
もっと広く知られ活用出来ないものかと思わずにいられませんでした。庭の松など何十万円もするものが所かまわず植えてあります。
トイレなど倉かと思うほど立派なものです。
何だか贅沢なものが作りっぱなしで放置して前政権や町の行政が界間みられました。
  話が脱線しましたが、苦しいあとには楽しい事が待っていると信じて健康を取り戻すために努力は惜しまない気でいます。これからもよろしく!
  5日の島巡りは奥さんのブログでどうぞ。
posted by ヒロシ・マックイーン at 07:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。