2010年12月20日

社会人の時に観た映画「君よ憤怒の河を渡れ」

 ご存じ高倉健の大ヒット作です。あの当時の健さんは東映を退社してそれこそ自由を得たように様々な映画に挑戦というか出演しました。健さんファンにはたまらなかったでしょう。作品も多岐にわたっていますが、それでも健さんらしさを忘れずに、監督達もそのイメージを壊さないように、大切に撮っていたと思います。この作品はその第1作ですが、あの映画界を引退していた、永田雅一が、プロデュースした作品でもあります。監督は佐藤純弥でまさに今から油が乗ってくる時期でもあったような気がします。原作は西村寿行でスケールの大きい展開でどのように映画が進んでいくのかとワクワクしていました。
 出足は好調でどう話が進むのかと、身を乗り出して見たような気がします。しかし、時間が進むにつれ何だか腰砕けのようで、ちょっとがっかりしたのも覚えています。逃亡劇で、セスナを飛ばしたり、新宿で馬のスタンピードがあったりで、中々のものですが、つなぎが上手くなくどうもしっくりきませんでした。共演の中野良子も残念ながらそれほど強烈な印象を持ちませんでした。この映画は後に中国で公開されて大評判を得たそうです。チャン・イーモー監督も高倉健さんの大ファンになって後に自作に健さんに出てもらいました。それ程の評判を取った作品ですが、映画史に残る作品にはなりませんでした。とても残念です。
posted by ヒロシ・マックイーン at 22:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。