2010年10月26日

社会人の時に観た映画1976年「タクシードライバー」

 あの当時、ニューヨーク派と呼ばれていたと思います。いわゆるセットを主体とした従来のハリウッド映画の手法ではなく、自由に作家の主体性を尊重した映画作りのようですが、、アメリカン・ニューシネマの時代最後期も作品と位置づけられるかも知れません。実際ニューヨークを拠点とした活動をしてハリウッドとは一線を画く映画作りをしています。
 監督はマーティン・スコセッシ監督ですが、これが出生作になりました。その名の通りイタリアの移民の子のようですが、暴力描写が凄まじいようにそのような生い立ちが映像によく現れています。この「タクシードライバー」もその辺りがよく描かれています。暗い画面、いつも蒸気が上がっているような、じめじめした空気。どこか不健康そうな社会がそこには存在していました。私はどうもこのような映画が苦手です。心が拒否反応を示すのです。
話も一見脈絡がない描写の積み重ねのように見えますが、全体に不安定な不吉な雰囲気が全編に漂います。主人公のトラビスも決して普通の感じではありません。彼女に普通のようにポルノ映画に誘ったり、事務所に押しかけたり異常者のようです。私はその時のニューヨークとは怖いところという印象を持ちました。映画の後半部分に入るともっと異常な世界に入りますが、監督にはこのような世界が普通だったのかも知れません。しかしトラビスには正しいことをしている意識しかありません。幼い売春は良くないと、彼女を助け出そうとします。しかしその方法は暴力でした。頭もモヒカン狩りにし、拳銃で彼女を助け出そうとします。まともではありません。まるで、アメリカはそれでしか、解決方法がないみたいです。
 この映画のヒットでアメリカ映画の方向性が定まったような気もしますが、一方で「アリスの恋」とか「ハリーとトント」のような映画もでてきます。多様性に富んだアメリカ映画の一端を覗かせますが、アメリカの持つ病根まではたどり着けません。映画は社会を映す鏡なのでしょう。しかし私はもう一度観ようとは思いません。
posted by ヒロシ・マックイーン at 10:03| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

社会人の時に観た画1975年「男はつらいよ寅次郎相合い傘」

 この頃の山田洋次監督はこの「男はつらいよ」シリーズの最も油が乗ったときだと思います。
この「相合い傘」は先作の「寅次郎忘れな草」で初めて浅丘ルリ子とコンビを組みますが、その後何本も出演しこのシリーズの常連となりますが、その都度楽しく観ました。最後の方になると寅さんの処遇に困ったような感じで男じゃないような寅さんでした。まあ、リリーを愛してるのは判りますが、男と女の関係は描けないというか、描かない男女の関係の極地のような作品群になりました。勿論リリーの方はそうは描いてはいません。ため息というか、そうならない、なってはいけない関係を少々もてあましているような気がしましす。
まあそうならないのが、この寅さんの良いところでしょうが、そのギリギリのせめぎ合いは監督と観客との闘いのようでもありました。
 この作品はこのシリーズの中でも出色の出来映えだと私は思っています。リリーもいいが船越英二の好演で映画に奥行きが出ました。蒸発男の船越ですが、結局三人旅が始まります。寅さんは面白くありませんが、船越の何となくとぼけた味が、映画を面白くし、スパイスにもなります。東京に帰った船越は元の生活に戻って行くのですが、そのギャップに唖然というか、やっぱりねと変に納得してしまいます。彼からというか、我々からも寅さんやリリーの住む世界は別なものというのが、説得力あって描き込まれます。
この寅さんシリーズに言えることですが、我々が普段出来ないことをやってくれるのが寅さんで、映画というものの魅力の一つだとも言えます。
 昔、私のおふくろが言ってました。「映画は普段の生活から感じられないものを実現してくれるから観るのだ」と。寅さんもその延長上のあるのだと思います。テキ屋という特殊な世界で生きており、また自由に恋いをする。しかしその世界は決して我々の生きている世界とはかけ離れていなくて、それ以上に厳しい世界だと言うことも山田監督は決して忘れません。所々に要所要所に描く込まれています。山田監督の真骨頂です。しかし我々の夢もちゃんと描いているのです。
 映画とはちょっと離れましたが、これが15作目ですから、実にこの3倍上の作品が作り出されたのです。驚異としか思われません。私がリアルタイムで「男がつらいよ」は確かリリーが初めて出た、「寅次郎忘れな草」だと思われます。以前この項で「私の寅さん」と書きましたが、間違いでした。あれからもう35年以上も経っているのですね。
posted by ヒロシ・マックイーン at 06:42| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月11日

社会人の時に観た映画1976年「男はつらいよ夕焼け小焼け」

 私はこの「」男はつらいよシリーズ」の中でもこの作品は好きな部類に入ります。とにかく小気味よい演出なのです。キネ旬でもたぶん2位と高評価された作品です。
 この映画のテンポに良さは多分にマドンナ役の太地喜和子のキップの良さの影響だとも思われますが、中々の出来映えでした。また、宇野重吉の好演も映画の奥行きを作りました。無銭飲食をしそうになった老人がまさか日本を代表する画家とは知らず、騒動をする有様や、画用紙に落書きのような絵を描いたのが、大金に変わる様などが、まるで良くできた落語のような展開をする様子などが描かれていきます。その画家と地方で再会する様などは実に良くできたものでした。その地方が夕焼け小焼けで有名なたつの市などはご当地紹介場面の教科書のような出来映えでした。そこで芸者をしているのが太地喜和子で全くお似合いでした。男気があって、キップがよい。情にもろくてお人好しというところなど彼女にぴったりであんじょう騙されてしまう。そこで立ち上がるのが寅次郎だが、とんちんかんな問答と持ち前の行動力で最後は目出度しとなるのだが、画家も粋なことをするものでラストはちゃんと締めてしまいます。
 この頃の寅さんシリーズは年に2本こなすのに大変だったと思われますが、女優もまだ供給にまだあったし、次は誰だろうと予想するのも楽しみでもありました。女優のほうも選ばれるのが楽しみだったと思います。人によって違いはあると思いますが、ますます山田監督も円熟味が増して来る頃だとおもわれます。
ラストシーンの絵を送られた時のぼたんの嬉しそうな顔が想い浮かびます。それはまさに緋牡丹の鮮やかな絵でした。
 私はこの作品が好きです。でも惜しい女優を失ったものです。今生きていたら大女優になっていたことでしょう。
posted by ヒロシ・マックイーン at 07:51| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

社会人の時に観た映画1975年「デルスウザーラ」

 黒沢明監督が「トラ・トラ・トラ」で降板させらた後作った作品ですが、黒沢監督に絶大の評価と信頼をおいていたソ連映画界が彼の好きなように撮らせてもらった作品です。だいぶ苦労したそうですが、なりよりもカラーの色が一番のの苦労したと言っていました。私は朝日会館の大画面で観ましたが、そんな苦労はよくは判りませんでしたが、素晴らしい映像でシベリアの大自然を満喫しました。
 黒沢監督の好きなような撮ったのですから、悪かろうがありません。彼の作品は大方観ましたが、私の中では好きな部類にはいります。何より主役の俳優が素晴らしい。演出のてらいがなく、とても自然に進んでいきます。まるで大自然が主役のようで、これ見よがしの演出はなく、実に大河のように堂々と進んで行きます。以前から黒沢映画があまり好みでなかった私ですが、この作品は参ってしまいました。特にキャプテンが川に流されるシーンや大草原で道に迷い、草を刈るシーンなどは眼を瞠りました。よく撮ったものです。ある意味黒沢映画の集大成かも知れません。ドラマチックな出来事はありませんが、一コマ一コマだ完成されているような気がしてすんなりと観ている私たちに入ってくるのです。今までの黒沢映画には経験しなかった事です。膨大なお金と労力が国を挙げて作られたことが、見受けられます。
 この後、「影武者」や「乱」等が国内でも作られたが、私はこの作品が一番好きです。国内ではこの映画に対し色々言われたようですが、シベリアだから出来た映画だと思っています。
posted by ヒロシ・マックイーン at 14:10| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月29日

健康を取り戻すために「ハゼ釣り」

 先日から「ハゼ釣り」に出かけています。
私は「ヒロシマ勤労者つりの会」のメンバーでもありますが、この病気になって以来、釣りの会には参加していません。
と言うよりも、自宅にお店を移転してからは日曜日も営業しているので、釣りの会の参加は出来なくなっていたのですが、このハゼ釣りは隣町ですし、道路端からや、比較的足場の良い筏で釣れるので、毎年せっせと通っています。
 昨年は秋になってほとんど毎日2時間ほど釣っていました。ここ数年ハゼの釣果が良くなく、色んな事を会員たちで話しあっていたのですが、ここ2年は瀬野川のハゼ釣り大会も中止にしていたのです。
 私は趣味と実益を兼ねてせっせと通っていたのですが、そこそこの釣果は上げていました。民商祭りにハゼの天ぷらを出店したり、近所にハゼを配ったり、お店に天ぷらにして出していました。ハゼの天ぷらは絶品で幾らでも食べられます。また大きいハゼは刺身にするのですが、これがひらめのように美味しいのです。一口食べたら病みつきになると思います。
 そのハゼ釣りですが、お客さんで昨年からハゼ釣りに取り憑かれた人がいますが、先日「釣れたよ」、と持ってきてくれました。それじゃ私もと、行ったのですが、安定している筏の上でもフラフラして歩けないのです。それだけ昨年と比べ症状が進んでいると思います。昨年もちょっとしたふらつきがありましたが、板の上などは慎重に渡っていたのですが、それでも浅い海岸に落ちたことがありました。
それでも昨年は何とか筏や船に上がり込んでは釣っていましたが、どうやら今年はそれは無理なようです。ですからしっかりした所でないと釣りは出来ないようです。
 ハゼには眼のない私です。そんな体調にも関わらず、今年3回も釣りに出かけています。釣果もまあまあです。
あのぶるっとした手応えが忘れられません。延べ竿や短い振り出し竿で釣っているのですが、早速、釣りの会の会長にも釣れることを話していたら、今年はハゼ釣りを開催することになったようです。釣りの後は当店で天ぷらにして食するようです。その段取りで頼まれました。
 どうか毎年ハゼ釣りが出来ますように、神や仏は信じませんが、もしおられるのならお願いします。何時どうなっても良いようにしっかり釣りに勤しもうと思います。
posted by ヒロシ・マックイーン at 08:00| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月27日

社会人の時に観た映画1975年「ロンゲストヤード」

 そうかぁ!もうこの映画観て35年も経つんだ、と思えば月日が経つのも早いものだろと今更ながら思います。この映画はバート・レイノルズの為に作られた彼の代表作だろう。
たぶん「コスモポリタン」という雑誌か何かで彼のヌードが紹介されそれまで燻っていた人気がそれで一気に大ブレイクしたのでした。その間、「脱出」や「シェイマス」等が日本で公開されましたが、日本では米国ほど人気は出なかったような気がします。
まあ「脱出」は彼らしさが出ていましたが。この映画は彼の主演ではありません。脇役で良い味を出していたと言うところでしょうか。
 この「ロンゲストヤード」ですが、彼の魅力が爆発というところでしょう。さすが若いときにアメリカン・フットボールで鳴らしたところがよく出ていて、私のようにアメリカンフットボールをよく知らない者でもその魅力は感じられたものです。ルールを知っていたらもっと映画が楽しめていたのかも。
映画は看守チームと囚人チームとで分かれて試合をするのです
が、所長から八百長を仕組まれてるように依頼される。彼は悩むのだが、マジになった両チームから色んなプレッシャーを掛けられる。彼の決断は正々堂々と試合に臨むことだった。というストーリィだが、今にして思えば、判り易い話ですが、若い私には結構ズシンとくる映画でした。
 物語はどこにでもあるような安直なハリウッド映画の一つですが、この映画の魅力はなんと言ってもバート・レイノルズでしょう。これまでにチャールトン・ヘストンなどもフットボールの映画を作っていますが、この映画が私のアメリカンフットボールを描いた映画のベストでした。正に固唾を飲んで経過を見守った記憶があります。
所詮所長のお遊びだろうと思っていたのが、看守チームもだんだんと燃えていきます。囚人チームは勿論これまでのいきさつがあります。無論勝つつもりですが、そこで所長の横やりが入るのです。さあどうするレイノルズ!色んな思惑が絡み、この辺りはハリウッド映画の真骨頂です。判っているのですが、ハラハラさせます。これがフランス映画あたりなら、見事に期待を裏切るでしょうが、アメリカ映画はそうはいきません。勧善懲悪が今も息づいているのです。そういった意味ではこの映画は正当なハリウッド映画なのかも知れません。
 バート・レイノルズは1980年代後半は低迷するようですが、また見事に復活をするようです。彼ももう70歳代になっているようです。もう今までのようなナイスガイは卒業でしょうが、有名俳優の活躍は嬉しいものです。所長役のエディ・アルバートはあの「ローマの休日」のカメラマンを演じた人ですが、この意地悪な悪ぶりは見事でした。悪役の大切さを今更ながら思います。この映画以降有名俳優が続々と悪役に挑んでいったと思います。
posted by ヒロシ・マックイーン at 07:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月14日

社会人になって観た映画1975年「ジョーズ」

 この作品はあのスピルバーグがメジャーになった記念すべき映画です。
これまで2本の映画を世に出していますが、この作品で一気に世界の大監督に名乗りをあげました。
確かに話題性といい、出来映えといい、素晴らしい作品に仕上がっていました。文句のつけようのない映画だと正直思いました。この映画で日本の映画界も拡大上映を始めました。同時期に同地区に同じ作品を映画館に掛けることです。当時、この方式は随分批判を受けました。邦洋逆転が叫ばれていたときに、儲かる映画しか上映されないといって、矛先がこの映画に向けられました。確かにそのような状態に映画界がなっていき、フランス映画などが、一気に上映されなくなりました。ハリウッド映画が世界を牛耳った瞬間でした。私が20歳の時にそのような事が起きた瞬間に立ち会ったのです。
 そのことと映画は関係がありませんが、それだけこの映画の持っていたパワーは凄まじいということでしょう。ご存じの通りこの映画は世界的に大ヒットしました。次々と記録が塗り替えられていきます。日本ではお正月映画でしたが、この映画が夏休みに公開されたらもっと凄かったかも知れません。それほど観客に与えたインパクトと、面白さは群を抜いていました。
 今更この映画をくどくど書くつもりはありませんが、この作品について雑誌や報道で詳しく紹介されました。映画に対してこれほど報道されたのもこの映画が始めてかもしれません。この映画で動物によるパニック映画のジャンルが確立というか次々このような映画が製作されました。
 私は主人公というか、ホオジロザメのことは、1970年に「栄光のルマン」の同時上映された「青い海と白い鮫」という映画でこの鮫のことは知っていました。その時も突然現れ、オリを食いちぎろうとする姿を見ていたので、とてもホオジロザメのことは興味がありましたが、「ジョーズ」ではロボットとは思われぬ描写には正直驚きました。それは見事なものでした。
 スピルバーグのその後の栄達はご存じの通りですが、世界の映画史にもこの映画の出現は大きな影響を与えたと思います。
posted by ヒロシ・マックイーン at 19:18| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月13日

社会人になって観た映画1975年「オリエント急行殺人事件」

  この映画は広島映画サークル協議会の例会作品でした。その頃のサークルは例会作品の形態を巡って試行錯誤を重ねていた頃です。
  映画の好きな人は封切り作品も観るということになり、毎月の例会に封切り作品を選定した頃です。
その頃は多少なりですが、毎月赤字を計上していました。会員が1000名くらいでしたから、やや苦しい運営状態でした。そこで思い切って旧作の上映ではなく、新作を例会に取り入れることでした。
その作品の1本がこの「オリエント・・・」です。たぶんですが、併映作は「フロント・ページ」だったような気もします。会報を調べれば判りますが、ちょっと怪しい気もします。
  この作品は正当なる娯楽ミステリー大作です。豪華キャストで絢爛たる輝きを放った大作です。
私はあまり好きではありませんでしたが、この映画の大ヒットでアガサ・クリスティーの作品がその後何年にもわたって次々製作されました。
私はこの映画の前に「そして誰もいなくなった」という作品を観ていました。この作品は大いに満足させてくれる名作でした。だから「オリエント・・・」も大いに期待したのですが、大した出来映えではないので、ちょっとがっかりした覚えがあります。犯人は誰だというミステリーではなく、最初から全員が犯人だと判ってしまうのです。この作品は豪華キャストを観る映画でミステリーを期待してはいけない映画だと思った次第です。昔、日本映画でもよく豪華キャストとか、空前絶後とか惹句がポスタ−に書かれていました。確かにこのような洋画は当時としては案外珍しいのかも知れません。
  ポアロはアルバート・フィニーが演じましたが、日本ではそんなに人気俳優ではありません。どちらかと言えば、渋みのある地味な性格俳優というところでしょうか。
しかし脇と言うか、出ている俳優たちが凄い。彼ら一人で1本の映画が出来てしまうキャストでした。
思い出してみれば、ショーン・コネリー、リチャード・ウィドマーク、アンソニー・パーキンス、ローデン・バコール、イングリット・バーグマン、ジャクリーヌ・ビゼット、マイケル・ヨーク等が頭に浮かびます。
 私は彼女の原作は1冊も読んでいませんが、その後に作られた、アガサ・クリスティー失踪事件のほうが、よっぽど面白く思いましたが、世界中で愛読されている、彼女のミステリーは読み応えあるものでしょうね。
  そういえば書いていて思い出しましたが、彼女の原作で映画化された、「情婦」という映画がありましたが、この作品は見応えありました。当時はまだTVでしか観ていませんデでしたが、数年後サロン・シネマで上映されたことがありました。真っ先に駆けつけましたよ。
この映画とだいぶ離れましたが、映画サークルにとって重要な作品では違いありませんでした。でも映画はそんなに観るべきところはなかったような気がします。
posted by ヒロシ・マックイーン at 13:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月06日

社会人の時に観た映画1975年「金環食」

  ご存じ山本薩夫監督作品ですが、彼の作品はドラマが主体でストーリィが先行しすぎるきらいがあって、いまいち面白くない気がしていました。
山本監督の作品は「戦争と人間」が最初だった気がしましたが、それより前に「沖縄」という作品を観ていたようですが記憶にありません。その当時はあまり面白いとは感じなかったのでしょう。記憶していないなんてちょっと不思議な気もします
  先日BSで山本薩夫監督特集が放映されましたが、何本か観ました。その中で「金環食」も入っていました。
もう35年前の作品ですが、今観ても飽きの来ないどうなってしまうのかとドキドキの展開を見せてくれます。こういったストーリィの面白さは、山本薩夫ならではの真骨頂ですが、当時の私には物足りなさを感じていたのでしょう。何だかダサク思えていたのだと思います。今にしてみれば、ストーリィの面白さは勿論、しっかりとしたドラマの重要性に重きを置いてなかったような気がします。情けないことです。
山本監督の骨太なドラマの重要性を主体にした構成に今更ながら敬意を表します。昔観た「忍びの者」や「白い巨塔」「戦争と人間」などは彼なくてはこんな面白い作品に出来あがらなかったと思います。またこのような作品は時代が要求し作り上げた物かもしれません。今でもTVで盛んにドラマが作られ放映されていますが、山本作品のような、艶のある作品にはお目にかかりません。そういった意味でも貴重な監督なのかも知れません。
  私は当時あまり好きな監督ではありませんでした。何度も書きますがストーリィが先行しすぎて物語に面白さが欠けていたような気もしたからです。若気の至りです。今にしてみればストーリィの重要性は欠かせないものです。彼のドラマの骨太さは目を見張るものがあります。
話は違いますが、スティーブ・マックィーンが「栄光のルマン」の撮影でドラマの重要性を主張するジョン・スタージェスとドラマを出来るだけ排してレースを中心にした映画にしようとしたマックィーンと意見が分かれ袂を分かった事がありました。私はこの出来上がった「栄光のルマン」に大満足でしたが、興業はさんざんなものでした。私たちが思った以上ドラマは大切なものかも知れません。そんな事で今にして思えば、山本監督は日本のセシル・B・デミルというのも頷けます。
  「金環食」の話とはだいぶ外れましたが、似ている政界の顔ぶれなどもあり、サービス満点の映画に出来上がっていました。映画は尻切れトンボの感もぬぐいませんが、映画や政治の話はこの映画から沢山出来る筈です。それだけの内容のある映画だったと思います。今の世相とそんなに変わりはありません。社会はずーっと続いているのですから。
posted by ヒロシ・マックイーン at 10:46| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月30日

社会人の時に観た映画1975年「祭りの準備」

  脚本家中島丈博の自伝的な映画です。監督は黒木和雄でした。
自伝ですので若き主人公のお話ですが、この題名もすごくインパクトがあり、人生まさに祭りだとうい感じだよく出ていました。
私が多分20歳の時に観た映画です。その頃の私とダブらせて観たことでしょう。これから祭りに向かう男の衝撃的な出来事が旅立ちの前に待っている。そして越えなくてはならないしがらみや別れを熱く、またシニカルに描いています。
  真面目に育った小さな町で暮らす主人公ですが、誰にも言えない大きな希望を持っています。それは人に話しても訳の訳の判らぬ突飛な望みです。身の回りは変な人ばかりです。傍若無人な若者や頭のおかしい祖父、息子を束縛する母親、優しい恋人はいますが、今イチ上手くいきません。自分のその周りに嫌気が差すのですが、それに振り回されている自分がいます。
信用金庫で宿直の時に恋人と過ごしているときに、間の悪いときに火事騒ぎを起こすし、人騒がせな隣人は事もあろうに泥棒をするときに殺人を犯すし、祖父は頭の弱い娘を胎まし、正気に戻った娘に振られついに首を吊ってしまいます。祭りに旅立つには、こんな過酷な事が待っているのでしょうか、必要なのでしょうか。正に「祭りの準備」です。
  私と同年代の話ですから、この映画は忘れられぬ映画の一本になりました。映画は荒削りですが、演じている俳優たちの熱演によりより深い印象を持ちました。特に売り出し中の原田芳雄の骨太のふてぶてしい演技にはまってしまいました。彼のこれより前の「赤い鳥逃げた」や「龍馬暗殺」でも印象深い演技を見せていましたが、この強烈な演技でますます彼らしさを発揮していました。
  主人公の江藤潤も悶々としたどこか頼りない、自信のない彼らしさがよく出ていました。壺を心得た演出というより、俳優たちの個性をそのまま引き出した演出だと思いました。
「祭りの準備」とはよくできた題名です。中島丈博のその後の活躍はご存じの通りですが、脚本家というのはこのような強烈な想い出が必要なのかも知れません。またそれより強い感受性を持ち合わせる必要がいるのかも知れません。
posted by ヒロシ・マックイーン at 10:17| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。